グループ展の様子

北海道で開催中のグループ展「てとてとてん」の会場、美唄では雪が降っているらしい・・・。雪という字だけで寒い。でも、雪見たかったなー。窓を使わせていただいたのできっと景色になってまた違う顔を見せてくれてるんだろう。

Twitterで他の作家さんの展示の様子をと告知してしまったけどこちらで紹介します。作品撮るの下手なんで、と先に伝えておきます。

seesaw

seesaw.1

ギャラリーに入ると直ぐにseesaw.さんの可愛らしい作品が迎えてくれます。今年のボローニャ入選作家さん。ユニットを組まれて活動されてます。

simo

simo2

下小川毅さんの立体彫刻。コレも違った可愛さがある。恋する男子みたいな・・・

 

nozawa

nozawa2

野澤直之さんの石彫。タイトルは「こころ」自分の「こころ」と向き合ってつくっている感じ。そんな「こころ」を床に置いちゃうところも面白い。

 

kowa

小輪瀬護安さんの「福笑い」 顔のパーツが磁石になっていて動かせます。今回のこのグループ展を企画してくださった方。あずきバーの作品が私のツボ。

 

kageyama

影山宏明さんの 自然へのまなざし(2013/美唄) 素材:キャンバス、周囲の草花
渋いわー。いいわー。もの凄い強さを感じました。

 

rikko

rikkoさんのイラストレーション。絵本の世界です。この可愛らしさは眩しい。

 

koisi

こいしまやこさんの刺繍。6点のあった作品のうち1点の拡大。全体だと良さが伝わらない・・・。どのくらい時間がかかるのか。根気がいるよなぁ。

ギャラリーは2部屋あって

kudoayumi1 kudoayumi

工藤あゆみさんの絵。むっちゃ好き。大好き。それだけ!

 

 

nobe

野辺ハヤトさんのアニメーションと絵画。
ヘッドホンをつけて周りと遮断してじっくりみてほしい。時々恐く感じるのがいい。

 

 

kudohu1 手

kudo2 雲のなかのひと

工藤文隆さんの石彫。
この2つの作品は作家のコメントがあったほうがよいので転記します。
「手」 実物より少し長くのびてでいている手。ふと瞳を閉じて深呼吸をして、感じてみる手のひら。ちょっと本物とちがうかもしれません。
「雲のなかのひと」 ゆっくり空を動いていく感覚

 

ao1

ao2

ao3

青山ひろゆきさんの油彩。こっそり天使が覗く。たこさんウィンナーってちょっと幸せな気持ちにさせてくれるよな。赤色なんとか号は置いといて。

 

IMG_5183

湯浅義明さんの作品。乾いた感じが魅力かも。コラージュなんですが写真が・・・

 

suzuki

鈴木隆史さんの作品。何枚あるんだろう・・・。絵を描くように彫っている。めくっていく感じでみれます。

 

 

 

私の作品はまた今度。

力尽きました・・・。

展示は20日までです。

北海道の方、旅行される方、是非ご高覧下さい。

本物の方が私の写真より絶対よいので!!!

北海道美唄市 アルテピアッツァ美唄 素敵なところです☆

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s